« トヨタの工場を見学 | トップページ | 次は上半身 »

2008年8月11日 (月)

蛇峠山

土日は職場旅行でした。最初は、昼神温泉集合・解散という話でした。即座に「恵那山と大川入山に登ろう!」という予定を立てました。ところがその後二転三転して、結局私は2日間運転手を勤めることになってしまいました。

失意の私に「トレッキングに行きたいです」という女神の声。立ち直ってオプショナルツアーの案内を作りました。「1日目の昼食の後、蛇峠山に登りませんか」というものです。

蛇峠山は冶部坂スキー場の上にある山です。大川入山とは153号線をはさんで反対側になります。アンテナが立ち並んで野趣に欠けますが、その分展望とアプローチの良さは保証つきです。駐車場から頂上まで、1時間かかりません。今回のようなケースにはぴったりです。また、今回のようなケースでもない限り、わざわざ名古屋から登りに行く山でもありません。私にとっても、実はラッキーだったかもしれません。

上は、半袖では寒いくらいでした。曇っていたので展望は今イチでした。途中、アサギマダラを初めとしていろんな蝶や花を楽しむことができました。車道を歩くのかと思っていたら、ちゃんと別に登山道がありました。頂上手前には「武田信玄ののろし台跡」があり、一同ここで満足して下山しました。車に乗ってほどなくして、激しい夕立になりました。頂上まで行かなくて正解でした。一同(4人)ほっとして宿に向かいました。

ふもとの別荘街はハイソな感じが漂っていました。一区画が広く、、隣の別荘までかなりの距離があります。「こんなところに個人で別荘を持っている人は、ぼくたちとは所得水準が違う人でしょうね。いいなあ」と言いながら帰ってきました。

今度こそ大川入山に登りたいと思っています。

|

« トヨタの工場を見学 | トップページ | 次は上半身 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛇峠山:

« トヨタの工場を見学 | トップページ | 次は上半身 »