« 庭に縦穴を掘る(2) | トップページ | 登山靴よ いつまでも ~ソール張り替え~ »

2022年7月17日 (日)

低くて優しくていい山 ~屏風山~

天気予報は「小雨時々曇り」
前から気になっていた、屏風山に行くことにしました。

●優しい山
養老や折平山同様、断層でできた山です。
(「屏風山」という名前がそれをよく表しています)
しかも、折平山同様、花崗岩でできた山です。
それなのに、折平山や養老のような荒々しい地形がほとんど見られません。
そもそも、岩がむきだしになっている場所は、ほぼ川だけです。
加えて、夏でも緑陰の中を歩くことができます。
道は、なだらかで、歩きやすいです。
今回のルートは林道歩きが多かったのですが、すぐ横を川が流れていたので、気持ち良く歩けました。

P1000571

●愛されてますね
山頂は木が切られており、展望を楽しめます。
何と言っても、一等三角点がある山です。
山頂にはポストとノートがあり、驚くほど多くの書き込みがありました。
その割に山頂プレートは一つだけで、節度を感じます。

P1000525

P1000523

各所に案内立札があります。
個人が勝手に立てたものよりも、地域の団体が立てたものが目立ちます。

P1000528

登山道は、とてもよく整備されています。
私の所属する瑞浪山の会も、倒木を処理するなどして貢献しています。

●地上の楽園
今回最大の目的地は、黒の田東湿地でした。
思いのほか広くて、驚きました。

P1000543

ノカンゾウが咲き乱れ、鳥の声が響き、ちょろちょろと水音が聞こえます。
トンボが、人目をはばからず、交尾にいそしんでいます。
チョウが、なぜか私に留まって離れません。

P1000542

ああ、地上の楽園はこんな近くにあったのか!
離れがたい、と何度も思いました。

●雑感
「近くていい山」だと思いました。
でも、この表現を使うと、深田久弥さんや谷川岳の愛好家に失礼かもしれません。
それで、今回のようなタイトルにした次第です。

標高800mに満たない山なのに、体力の衰えを痛感しました。
もしや、男の更年期障害というやつでしょうか。

今回「寿老の滝 西回りルート」を歩きました。
車は寿老の滝に停めるのですが、間違えて椋実ダムに停めてしまいました。
リサーチ不足を反省。

椋実集落の家は、申し合わせたように様式が揃っていて、しかもカッコいい!
山間部のどんづまりに、こんな集落があることに驚きました。
何があったのでしょうか。

林道を歩いていて、ダンコウバイとタマアジサイが目に留まりました。
私は今まで、この2種の自生の姿をあまり見たことがありません。
我が家のタマアジサイは、陽が当たりすぎてかわいそうだな、と反省しました。

8月になったら、また行こうと思っています。
この山なら、暑さに苦しまずに楽しめそうな気がします。

|

« 庭に縦穴を掘る(2) | トップページ | 登山靴よ いつまでも ~ソール張り替え~ »

」カテゴリの記事

東濃地方の魅力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭に縦穴を掘る(2) | トップページ | 登山靴よ いつまでも ~ソール張り替え~ »