« ニュースはこうでなくちゃ ~今日の中日新聞夕刊~ | トップページ | ブナの林立に興奮 ~湧谷山~ »

2023年6月24日 (土)

廃線跡はサイクリングロードになれるか ~名鉄三河線跡で遊ぶ(1)~

Img_4939_edited

猿投駅(現在の終点)の先にある廃線跡です。
今にも列車が走ってきそうです。
こんなに家が立ち並んでいるのに廃線なんですね。

Img_4941_edited

御船駅跡です。
なるほど。
街に近いだけあって、駅に対する愛情がさっぱりしているように感じます。
でも、線路の中には砂利?が敷かれて歩きやすくなっています。
自転車が走っても大丈夫でしょう。
草刈りや立ち木伐採も行われています。
愛情が薄いのではなく、都会的にスマートに愛情を注いでいると感じます。

Img_4946_edited

一時ガーデニングでもてはやされた枕木が、この有様です。
枕木の間から草が生えています。
「諸行無常」ですねえ。

Img_4947_edited

この案内看板には驚きました。
新しいです。
歩行者目線です。
廃線跡を歩く人に対して立てられたものでしょう。

Img_4949_edited

「御船石」です。
線路脇にあります。
案内看板に、こう書いてあります。
「神の召された船」
「三河線の工事の折、御船石が埋められそうになったためか作業員が負傷するなど事故が多発」
「原位置に保存し御船石の碑を建立した」
こういうのって、大切ですよね。

Img_4953_edited

御船川橋梁です。
良い雰囲気です。
でも、下からかなり高いです。
このままでは、私は渡りたくありません。

Img_4951_edited

もちろん立ち入れないようにしてあります。

Img4674_edited

今回廃線跡をたどる上で、考えていたことがあります。
「でんしゃみち整備計画」というのがありまして。
廃線跡をサイクリングロード・遊歩道として整備しようというものです。
計画はできたのですが、それっきりになっているそうです。
鉄道の廃線跡は勾配がゆるやかなので、サイクリングロードにはうってつけです。
自動車が入って来ないというのも嬉しいポイントです。

今日少し走ってみて、いろんなことを考えました。
まず、トンネルと鉄橋が問題です。
自転車や歩行者が安全に通れるように工事しなくてはなりません。
その後も、維持管理にカネがかかります。
道幅が狭いのも問題です。
単線なので、レール幅だけでは自転車がすれ違うのがやっとです。
歩行者のことを考えると、もっと幅が必要です。
それには、レールの下の砂利の部分を整地して平らにする必要があるでしょう。
多大な工費が必要です。
立ち木や草を刈る必要もありますが、これは現在すでに地元の愛護団体がやっているようです。

実現すれば、歴史と変化のある素晴らしいサイクリングロードになると思います。
同じことを感じる自転車乗りは少なくないはずです。
西広瀬と東広瀬にまた新たに家が増えるかも(^^♪。
私でできることなら、お手伝いしますよ>豊田市さん

|

« ニュースはこうでなくちゃ ~今日の中日新聞夕刊~ | トップページ | ブナの林立に興奮 ~湧谷山~ »

自転車」カテゴリの記事

豊田市の魅力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュースはこうでなくちゃ ~今日の中日新聞夕刊~ | トップページ | ブナの林立に興奮 ~湧谷山~ »