« 越戸ダムから用水脇を走る ~ 枝下用水が面白い(3)~ | トップページ | 僕の後ろに道はできる ~手動芝刈機 キンボシ・ハッピーバーディーモア~ »

2023年7月17日 (月)

籠川から分水池までを走る ~枝下用水が面白い(4)~

枝下用水は、籠川(注)の下をサイフォンでくぐります。
この辺りから、用水に沿って走るのが難しくなっていきます。
工事中で通行止めだったり、そもそも用水沿いに道がなかったり。
何度も止まり、地図を見て道を探しました。

(注)
豊田市側から猿投山へ登ると、トロミル水車や菊石の脇に川がありますよね。
あれが、籠川の源流です。

Img5065_edited

途中から「枝下緑道」になります。
迷う地点には必ず分かりやすい標識があって嬉しいです。
道も実に良い感じです。
でも、これもあちこちで工事中なのです。

Img5068_edited

この区間は、枝下用水の受益地ではありません。
もっと下流の大地へと水を通すために通過しているだけです。
そしてそれが、豊田市の市街地のすぐ近くだったりします。
しかも、驚くほど高い場所を通っていきます。
重機のない時代に、こんな所に水路を掘った先人は偉大です。
この区間も、ぜひ小学生に見てほしいなと思いました。

Img5066_edited

市街地に入ると、フェンスが高くなります。
水量も速さもあるので、事故防止のために仕方ないことなのでしょう。
でもそれは「親しまれることを拒否している」ことでもあります。
次回の大規模修理の際には「市街地での親水」という役割も持たせては、と感じました。

受益地ではない市街地の皆さんは、枝下用水のことをどう思っているのでしょうか。
こんな高い場所に矢作川からの水が流れているのです。
その下に住んでいる人の中には「怖い」と思う人がいても不思議ではありません。
実際、過去には用水路が決壊して水が市街地に流れたことがあったそうです。
現在の通行止めは「地震対策工事」だそうです。
それは、必要なことでしょう。
我々自転車乗りは、文句を言わずに工事終了を待つことにしましょう。

Img5071_edited

そんなことを考えているうちに、フェンスはまた低くなります。
市街地を抜けた先には、配水池が広がっていました。
ここで用水は分岐して、受益地に水を運んでいきます。
そして、この先はパイプラインとなり、水面は見えなくなります。

Img5072_edited

実はこの先の用水路は、これまで走ってきたよりさらに長い距離になります。
そこを走ることは、先人の努力について更に知ることであり、受益地について知ることでもあります。
新しい課題が見えた1日となりました。

|

« 越戸ダムから用水脇を走る ~ 枝下用水が面白い(3)~ | トップページ | 僕の後ろに道はできる ~手動芝刈機 キンボシ・ハッピーバーディーモア~ »

自転車」カテゴリの記事

豊田市の魅力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 越戸ダムから用水脇を走る ~ 枝下用水が面白い(3)~ | トップページ | 僕の後ろに道はできる ~手動芝刈機 キンボシ・ハッピーバーディーモア~ »