« 敬老祝賀会の招待状 ~田舎の組長というお仕事(6)~ | トップページ | 廃線の鉄橋を見たい ~枝下用水が面白い(5)~ »

2023年8月23日 (水)

60万円という価格 ~リターンライダーになる(3)~

GB350Sの価格は、60万5000円(税込)です。
私の若い頃に比べると、安くはありません。
何しろ今はキャブではなくインジェクションが普通です。
ABSやトルクコントロールも付いています。
昔のモーターサイクルとはコストが違います。

しかし、この価格は私にとって別の意味がありました。
愛用している自転車であるE-601の価格が、53万4600円(税込)なのです。
GB350と大差ありません。
GBの価格は、乱暴に言うと「自転車と同じくらい」なのです。
そう考えると、とたんに安く感じてしまいます。

そりゃ、E-601は高級電動アシスト車ですから、自転車としては安くありません。
でも、今や100万円を超える自転車は珍しくありません。
私がCAAD9を買った頃とは、時代が違います。

India_edited
(インドで売られているGB350です)

そりゃ、GB350は格安車です。
同じホンダの250cc車並みの価格です。
これが400cc(二気筒)となると、GBより25万円高くなります。
インド製(組み立ては日本)というのが理由だとされています。

まあ、そういう諸々の事情はありますが。
「GBは自転車と同じくらい」というのが決め手でした。
私の自転車が30万円だったら。
または、GBが70万円だったら。
「高いからやめとこう」と思ったことでしょう。

100万円の自転車に乗っている貴方なら、100万円のモーターサイクルが安く感じますよね。
150万のCB1300なんて、いかがですか。
えっ、もっと高いバイクに乗ってる?
失礼しました(^^;)。

|

« 敬老祝賀会の招待状 ~田舎の組長というお仕事(6)~ | トップページ | 廃線の鉄橋を見たい ~枝下用水が面白い(5)~ »

モーターサイクル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 敬老祝賀会の招待状 ~田舎の組長というお仕事(6)~ | トップページ | 廃線の鉄橋を見たい ~枝下用水が面白い(5)~ »