« 冬瓜を干すのだ(2)~太せん切りにする~ | トップページ | 1年経過してもイイ車です ~NBOXが来た(9)~ »

2023年11月 6日 (月)

城だって今の姿で判断してはいけないのだ ~土岐高山城~

Img_5530_edited

ここまで自転車で行けました。
今までの山城とちょっと違います。

Img_5531_edited

展望はすこぶる良いです。
街を見下ろすと、なんだか自分が偉くなったような錯覚に陥ります(^^;)。
この物見やぐらのセンス、私は好きです。

Img_5533_edited

山の上に井戸があったということに驚きます。
ここも花崗岩地帯なのでしょうか。

Img_5534_edited

高山城は、城よりも宿場町の魅力の方が大きいと感じます。
この旧道、いい雰囲気でしょ。
「中山道」に対して「下街道」と呼ばれます。
(これについてはウィキペディアの説明が面白くて簡潔です)

JR土岐市駅は土岐川の北岸にありますが、城と街道は南岸にあります。
そして、土岐市役所は街道沿いの南岸にあります。
市役所の建物は、高山城物見やぐらのように真っ黒です。
ステキすぎて、とても市役所には見えません。

Img_5527_edited

高山城見学だけだと短時間で終わってしまいます。
高山宿とか、下街道とかをぐるっと見て回ると、少なくとも半日は楽しめると思いますよ。
私としては、土岐市への尊敬の念が一層高まった一日となりました。

(蛇足)
この城、普通の山城と違って、戦国時代や室町後期に作られていません。
なんと1221年に作られたそうです。
戦国期には東濃の城の例にもれず、武田・織田・徳川の勢力間を行き来します。
城主は二転三転し、1615年に廃城になります。
城の歴史が長いので、その間の経緯も興味深いです。

|

« 冬瓜を干すのだ(2)~太せん切りにする~ | トップページ | 1年経過してもイイ車です ~NBOXが来た(9)~ »

自転車」カテゴリの記事

東濃地方の魅力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬瓜を干すのだ(2)~太せん切りにする~ | トップページ | 1年経過してもイイ車です ~NBOXが来た(9)~ »