« おじいさんは温もりが欲しいのです ~自転車に保温ボトル~ | トップページ | 冬瓜を干すのだ(2)~太せん切りにする~ »

2023年11月 4日 (土)

鈴鹿は私を幸せにしてくれる ~雨乞岳・武平峠ルート~

「ああ、これぞ鈴鹿だ。」
何度も、そう思いました。
とても幸せな1日でした。

P1010378_edited

●景観
落葉樹林と谷間の雰囲気にしびれます。
鈴鹿ではありふれた景観ですが、他の山域だとちょっと違うと感じます。

P1010380_edited

東雨乞岳への登りからは、笹をかきわけて登ることになります。
これも、鈴鹿ではあちこちで見られる景観です。
昔の御池岳と違って背丈よりは低いので、そんなに怖くはありません。

P1010382_edited

●展望
私にしては珍しく、よく晴れてくれました。
360度、どこを見ても鈴鹿の山です。
ひと際目をひくのは、イブネとクラシです。
今度こそ、と改めて思いました。

P1010401_edited

●黄葉と紅葉
武平峠~七人山のコルの間は、黄葉/紅葉の見ごろでした。
登りではあまり写真を撮らず、下りで撮りました。
逆光もしくは日陰になるので、葉の色がぐっとキレイに見えます。
しかも、下りの方が視線がより遠くまで届きます。

P1010406_edited

意識的にノロノロと下りました。
「帰りたくない」と思っていたのです。
(子どもみたいでしょ)
何枚も何枚も、同じような写真を撮ってしまいました。

P1010409_edited

●人生の紅葉について考える
木々の葉は半分ほど落ちたでしょうか。
これ、人生で言うと定年後くらいじゃないでしょうか。
残った葉は、最後に美しい色を見せています。
じゃあ、定年後の私はこんなに美しく色づいているでしょうか。
どちらも、もうじき終わりを迎えるのです。

P1010411_edited

そんなことを考えながら紅葉を見ていると、余計に心に響くのでした。

●備考
駐車場を心配していました。
紅葉シーズンの3連休とあって、御在所は大賑わいでした。
駐車場はもちろんどこも満車です。
路上駐車の車が延々と続いていました。
しかし雨乞岳はそれほどでもなく、滋賀側の駐車場に停めることができました。
(あくまで今日の朝8時での話ですよ)
こりゃあ、この時期に御在所に来るならバイクかな…。

P1010416_edited

(御在所岳郡界尾根ルートへ行く貴方のことですよ)


|

« おじいさんは温もりが欲しいのです ~自転車に保温ボトル~ | トップページ | 冬瓜を干すのだ(2)~太せん切りにする~ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おじいさんは温もりが欲しいのです ~自転車に保温ボトル~ | トップページ | 冬瓜を干すのだ(2)~太せん切りにする~ »