« 私はホームセンターを信じない ~木材カットについて(1)~ | トップページ | バレンタインデーにはポインセチア! »

2024年2月14日 (水)

最悪の上塗り ~塗装はがしでいやはや~

「ペンキをはがして、他の塗料を塗れ」
そんな指令を受けました。

ウチの店の木製什器は、みんな同じ色のペンキが塗られています。
(私たちが塗りました)
このたび事情があって、それを違う色にすることになったのです。

ところが、これがなかなか厄介な作業なのでした。
以前に塗ったペンキは「造膜塗料」です。
今回塗るのはキシラデコールです。
「浸透性塗料」です。
キシラデコール自体は、優秀な塗料です。
しかし、下に造膜塗料があると木に浸透できません。
浸透できないと、キシラデコールの性能が発揮できません。
その上、発色にも影響が出ます。

2種類の塗料の組み合わせは、4通り考えられます。
A 浸透性塗料の上に浸透性塗料
B 浸透性塗料の上に造膜塗料
C 造膜塗料の上に造膜塗料
D 造膜塗料の上に浸透性塗料

A~Cは、まあ問題ないでしょう。
ところが今回は、最悪の組み合わせであるDなのです。
そういうわけで、まずペンキをはがせ、という指令になったのです。

サンダーを使ってみます。
80番のサンドペーパーを使っても、なかなかはがせません。
造膜塗料、意外に強いのでした。

グラインダーを使ってみます。
木材研削用の刃がついているので、ペンキはがしには向いていません。
許可をもらって、店頭から塗装はがし用の刃を持ってきます。
イマイチです。
そうこうするうちに、刃が寿命になってしまいました。

Img_5902_edited
(グラインダーは葉選びが大切なのですねえ)

別の刃を持ってきたら、今度は順調にできました。
まあしかし、細部まで完璧にはがしたわけではありません。
(それをやろうとすると、とてつもない時間がかかります)

Img_5904_edited
(塗装はがし2日目です)

全身、粉塵だらけになりました。
目には防護メガネをしましたが、鼻と口には普通のマスクだけでした。
(2日目は防塵マスクを使いました)
おまけにグラインダーで指を少し切ってしまいました。

Img_5905_edited
(キシラデコールの「バリサンダ」です)

キシラデコールを塗れ、という判断がおかしいのです。
造膜塗料の上には、造膜塗料を塗れば良いのです。
そうすれば時間もかからないし、健康被害もほとんどなかったはずなのです。
この作業、しばらくの間、続きそうです。
いやはや。

Img_5915_edited
(造膜塗料をきちんとはがさずにキシラデコールを塗ると、この有様です)

|

« 私はホームセンターを信じない ~木材カットについて(1)~ | トップページ | バレンタインデーにはポインセチア! »

DIY」カテゴリの記事

ホームセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私はホームセンターを信じない ~木材カットについて(1)~ | トップページ | バレンタインデーにはポインセチア! »