« ひと足早い春 ~浜松フラワーパーク~ | トップページ | 普通でした ~パネルソーが来た(2)~ »

2024年3月 4日 (月)

酒は少量でも有害ですって ~小型マス~

「最近の研究によれば、酒は少量でも有害だそうです。
 適量なんて、ないんです」
胃痛で病院に行った際に、先生にそう言われました。

私は長年、毎日晩酌をしてきました。
ほとんどの場合、ウイスキーや焼酎等の蒸留酒です。
お湯や炭酸水で割って飲みます。
量は「マグカップ一杯」です。
無粋ですが、小さなグラスで飲むのがまだるっこしいんです。
(日本酒もこれで飲んでます)

昔は「酒は百薬の長」なんて言われました。
サントリーのWebサイトには、今でも「推奨される飲酒量」が載っています。
曰く
「ウイスキー ダブル1杯(60ml)」
「焼酎(25度) グラス1/2杯(100ml)」
これはサントリーが勝手に決めたのではなく、厚生労働省が示した数値だそうです。

1月に始まった私の胃痛は、3月に入ってようやく良くなってきました。
そうなると、しばらくやめていた晩酌を再開したくなってきます。
(なにしろ、家にはウイスキーの2.7L入りボトルが用意してあります)

Img_6020_edited

それに先立って、酒の量を測るマスを買ってきました。
まず、今までウイスキーを注いでいた量を測ってみると。
120mlありました。
これ、「生活習慣病のリスクを高める飲酒量」(厚労省による)ぴったりの量です。
ううむ。

今日のところは、まず80mlにします。
これをいつものマグカップに入れます。

Img_6021_edited

うーん、ちょっと少ないなあ。
いつも通りにお湯を満たします。

Img_6022_edited

飲んでみると、まあ許せる範囲です。
これなら毎日続けられます。
(休肝日を設けるべきなのですが)
明日は厚労省のおっしゃる60mlでやってみます。
あーあ(^^;)。

(補足)
ウイスキーの量を測るには、本来専用の器具があります。
「ジガーカップ」「メジャーカップ」と呼ばれます。
バーテンさんが使うやつですね。
でも、老眼の私には透明な器具の方が使いやすいのです。
それで、今回は100円ショップのお世話になりました。
目盛りは80mlまでしかありませんが、満タンにすると100mlくらいです。
これなら、焼酎にも使えます。

今後は、もう一回り小さいマスに替えて、酒量を減らしていくつもりです。
…と、一応言ってみます(^^;)。

|

« ひと足早い春 ~浜松フラワーパーク~ | トップページ | 普通でした ~パネルソーが来た(2)~ »

その他」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

ほんと酒好きには嫌な指標が出ましたね。
私はかなりの酒飲みで、若い頃は平均すると1週間でウイスキー1本程度は飲んでました。
今でも毎日の晩酌は欠かしませんし、アルコールの量も減ったとはいえ缶ビール350㎖と水割りかワイン200㎖位が普段の量です(肝臓や腎臓は健全で血圧も115~75です)
今月古希を迎えますしお酒は大きな楽しみの一つなのでそれを捨ててまで所謂健康な生活を、とは思っていませんが、、
さて今後どうなることやら(~~;


投稿: 田中英志 | 2024年3月 5日 (火) 17:31

何が体に良くて何が悪いのか、は定説が無くて時と共に移り変わる感があります。
20年後には
「やっぱり適量なら百薬の長」
「適量には個人差がある」
と言われたりして、ね(ただの願望かも)。

投稿: 縄文人 | 2024年3月 5日 (火) 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひと足早い春 ~浜松フラワーパーク~ | トップページ | 普通でした ~パネルソーが来た(2)~ »