« 「なんでもいい」「食ってれば死なない」 ~有機栽培って(1)~ | トップページ | 日本製だから何なのさ »

2024年4月11日 (木)

「なんでもいい」の線引きは ~有機栽培って(2)~

私の職場では、3月から品揃えが大きく変わりました。
「有機」と表示された肥料がぐっと増えました。
そういう時代になってきたのでしょう。

Img_6221_edited

NHKTV「趣味の園芸 やさいの時間」も有機栽培の番組が始まりました。
今までは毎回化学肥料を使ってきたのに!
そういう時代になってきたのでしょう。

Img_6219_edited

学校給食でも、ここ数年、有機栽培の米・野菜の利用が広まっています。
100以上の自治体で使われているそうです。
そういう時代になってきたのです。

Img_6222_edited

有機栽培にこだわる人々の理由は、さまざまです。
環境負荷、味、健康、等々。
では「生命力」はどうなのでしょう。

「化学肥料使用の野菜は、腐る」
「無肥料の野菜は、腐らずに枯れる」
有機栽培の野菜は、どちらのグループなのでしょうか。
ほとんどの人が「腐る」と書いています。
(全部ではありません)
この点では、化学肥料使用の野菜とほぼ同類のようです。
「有機栽培」=「生命力」ではないのです。


いやいや、そんなこと気にする必要ないんだよ。
「なんでもいい」んだよ。
そういう意見もあるでしょう。


いやいや、生命力のある食べ物なら「なんでもいい」のであって。
そこを間違えちゃダメだよ。
そういう意見もまた、あるでしょう。

「有機栽培」というくくり方が乱暴すぎるのです。
どんな種類の有機肥料を、どれだけ使うのか。
どんな農薬を、どれだけ使うのか。
それによって、「有機栽培」でも大きな違いが出ます。
(識者が何年も前から警告しています)
今の「有機」ブームはそこをごっちゃにしています。
店に増えた有機肥料を見ると「危なっかしいなあ」と思います。

今の時代にカムイがいたら、なんと言うのでしょうね。

|

« 「なんでもいい」「食ってれば死なない」 ~有機栽培って(1)~ | トップページ | 日本製だから何なのさ »

園芸」カテゴリの記事

ホームセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「なんでもいい」「食ってれば死なない」 ~有機栽培って(1)~ | トップページ | 日本製だから何なのさ »