« あと何本拾うのでしょう ~タバコのポイ捨て~ | トップページ | 刈り方もいろいろ ~草とのつきあい方(2)~ »

2024年6月 2日 (日)

白川砂利と雑草とリュウノヒゲ ~草とのつきあい方(1)~

ウチの駐車場のコンクリート目地です。
「白川砂利」で埋めてあります。

Img_6496_edited

この砂利、乾いていればキレイです。
しかしウチの場合、この目地が湿りがちなんです。
そして、日当たりは良いんです。
その結果、草ぼうぼうになってしまいます。

Img_6495_edited

草をこまめに抜けば、キレイな状態を保てるでしょう。
でも、私はそうしてきませんでした。
そうなると今度は、枯れた雑草が腐植になって積もっていきます。
キレイだった白川砂利の表面が、土のようになっていきます。

Img_6497_edited

よっしゃ。
リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)を植えましょう。
まあこれも雑草のようなものですが、見た目は整います。
雑草が生えるのを完全に防ぐことはできません。
リュウノヒゲの面積分だけ、雑草が生える面積が減れば良いんです。
リュウノヒゲが茂ってくれれば、更にその面積が減るでしょう。

(余談)
名古屋に住んでいた時も、駐車場の目地は白川砂利とリュウノヒゲでした。
ただ、リュウノヒゲが育つ場所と枯れる場所がありました。
そこで、空いた場所にはクリーピングタイムを植えました。
わさわさ茂り、花まで咲きました。
よく伸びるので、刈り込みをする必要がありました。
刈る際には、いい匂いがしました。
リュウノヒゲが和風すぎると感じる貴方、いかがでしょう。

|

« あと何本拾うのでしょう ~タバコのポイ捨て~ | トップページ | 刈り方もいろいろ ~草とのつきあい方(2)~ »

園芸」カテゴリの記事

田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと何本拾うのでしょう ~タバコのポイ捨て~ | トップページ | 刈り方もいろいろ ~草とのつきあい方(2)~ »