« 充電器換えたらマキタバッテリーが復活した話 | トップページ | バイクだって時計が欲しい ~XTZ125プチカスタム~ »

2024年6月10日 (月)

熱田空襲の地を再訪

「『熱田空襲』慰霊の地蔵、7月に撤去へ」
そんな報道がありました。

4月に熱田空襲の地を訪れた私としては、いてもたってもいられません。
現地を再訪することにしました。

Img_6523_edited
(背景は愛知時計の社屋です)

●お地蔵さんに驚く
こんなに高さがあるとは!
こんな大通りの歩道に立っているとは!
報道では「転倒の危険性拭えず」ということでした。
なるほど、これでは、年月が経つと危険でしょう。
報道では、こんな話でした。

長年供養してきた有志の高齢化
6月に法要を行う
7月に地蔵を撤去

Img_6520_edited

ここで二回目の驚きです。
方針が変更になったとのこと。
新聞で報道されたので、反対意見が寄せられたのでしょう。
撤去は、ちょっと早すぎると思います。
ひとまず、良かった良かった。

Img_6519_edited

●古いコンクリート前でしみじみ
この地蔵の近くには「熱田空襲跡の碑」があります。
堤防の護岸に残った爆撃の跡を保存しているのです。
地蔵さんは、この碑の脇に移っていただくのが良いのでは、と感じました。
(もちろん転倒対策を講じてから、ね)

Img_6518_edited

名古屋市は、数十回にわたってアメリカ軍の空襲にあっています。
5月には名古屋城が焼失しました。
そして、6月9日には愛知時計周辺が空襲されました。
(私が訪問したのは、6月10日でした)

「愛知時計電機・愛知航空機工場で働いていた従業員や動員学徒約2万2000名のうち1045名が死亡」
「重軽傷者約3000名、周辺住民も数十人死亡した」
「従業員や周辺住民あわせて約2000人が死亡、重軽傷者約2000名との説もある」
ウィキペディアによる)

これって、今イスラエルがやっていることに似てませんか。
民間人が死ぬことを、何とも思っていないのです。
そして、そのイスラエルに武器を供与しているのは、アメリカなのです。
人類は、いつまでこんなことを続けるのでしょうか。

(補足)
空襲跡の碑は、堀川沿いに設けられた遊歩道沿いにあります。
堀川の臭いのない日なら、気持ちよく歩ける道です。
駐車場はありません。
車は「宮の渡し公園」の駐車場(有料)に停めるのが良いと思います。
近くには熱田神宮や「ひつまぶし」の有名店があります。
遠方の方も、ぜひ。

|

« 充電器換えたらマキタバッテリーが復活した話 | トップページ | バイクだって時計が欲しい ~XTZ125プチカスタム~ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 充電器換えたらマキタバッテリーが復活した話 | トップページ | バイクだって時計が欲しい ~XTZ125プチカスタム~ »