退職関連

2024年6月 4日 (火)

今年はもう手じまい? ~素人投資のお話(9)~

私の目標は、年間リターン100万円です。
ホームセンターでの給与収入が、年間約100万円です。
合計年収200万円、という計画です。

去年は年間リターン100万円を達成しました。
ところが、今年はなんと5か月でもう100万円を超えているのです。
6月末には、月10万円(年120万円)になろうかという勢いです。

Indo_edited
(「インド・インフラ株式オープン」)

欲張らず、今年はここで終わりにしようかな、と思うのです。
少し前までは「もうじき大暴落が来る」という予想をあちこちで見かけました。
その後ちょっと調整が入ったためか、最近では「暴落」という言葉を見かけません。
それどころか、世界中がアメリカの利下げを待っています。
そのタイミングで、暴騰が来るのでしょう。

しかし、その暴騰こそが大きなリスクです。
(その後が不安です)
アメリカの大統領選挙というリスクもあります。
(どっちが勝っても不安です)
中国がいつ台湾侵攻をするか、というリスクもあります。
(戦争という形でなくても)
そう考えると、今年の投資はもう終わらせても良いと思うのです。

でも、このままあと半年待てば、もう数十万円、いや、百数十万円のリターンがあるかもしれません。
6月末になったら、判断しようと思っています。
さて、どうしたものでしょう。

| | コメント (0)

2024年4月17日 (水)

私の失敗を公開しますよ ~素人投資のお話(8)~

「今まで右肩上がりで来ているから、これからも大丈夫だろう」
私のような素人は、ついこう考えてしまいます。
そういうのが、いけません。
私の手持ち投信の中には、こんなのがありまして。

●自動運転
これって、どんどん上がると思うじゃありませんか。
ところが私の場合、現在約マイナス30%です。
典型的な「高値づかみ」をしてしまったのでした。
「まあ、そのうちまた上がるだろう」
と期待して、塩漬けにしています。

●コモディティ
原油、金属、農産物等の商品に投資する投信です。
ウクライナ侵攻の後、ぐっと上がりました。
ところが侵攻が終わっていないのに、下落するではありませんか。
結局高値づかみになってしまいました。
去年の末くらいまで、冴えない数字が続きました。
ガマンしていたら、3月に入ってから急上昇しました。
「有事(もしくはその不安)で短期間上がる」という投信のようです。
ようやくマイナスを脱したので、少しずつ手放すつもりです。

●ベトナム
これも、2021年くらいから急上昇しはじめました。
これからはベトナムが成長するから、と期待して買いました。
ところが、2022年になると右肩上がりが終わったのです。
高値づかみになってしまいました。
この投信はアメリカ株とも日本株とも違う、不思議な値動きをします。
現在マイナス約10%です。
塩漬けが続いています。

「テーマ型投信」の旬は短いのでした。
そういうことだけは、わかりました。
まあ、トータルでは順調なのですが。
今のところはまだ、ね。

| | コメント (0)

2024年4月 4日 (木)

還暦過ぎての初体験 ~国保と労災~

●国民健康保険
退職後2年間、教員時代の保険証にお世話になってきました。
息子がまだ学生だったので、保険証を変えたくなかったのです。
2年分の費用は、ちょっと驚くものでした。
在職中は天引きだったので、あまり意識していなかったのです。

このほど2年間の延長が終わり「国保に入ってね」という通知が届きました。
はいはい。
国民健康保険のお世話になるのは、人生で初めてです。
これまで、自分で健康保険の手続きをしたことはありません。
役所に行くと、その場で新しい保険証を発行してくれました。
お役所仕事、やるときゃやるじゃん。

しかしねえ。
前職の保険証の期限が切れてからじゃないと受け付けないって、どうよ。
4月1日に役所に行かないと、無保険の状態になってしまうわけです。
悪用を防ぐためかなとは思いますが、利用者目線の規定ではありませんよね。
有効期限が明記してあれば、車検のように1か月前から受け付けで良いのではありませんか。

●労働災害
よりによって国保の保険証をもらう数時間前、職場でケガをしました。
「台車」が私の足の上に倒れたのでした。
骨折ではないと思いますが、痛みが引きません。
整形外科に行くべきでしょう。

労災の先輩?に訊いてみると。
「労災で医院にかかる時は、保険証不要」
ひと安心です。

レントゲン写真を撮ったら、幸い骨に異常はありませんでした。
内出血して腫れているのですが、明日も仕事に行けそうです。

●まだ退屈しません
教員時代は、毎年同じ仕事の繰り返しでした。
でも、全く飽きることがありませんでした。
毎年毎日、違うことが起きるからです。

ありがたいことに、退職後もそれは同じです。
毎年毎日、次々と新しい経験をしています。
今日なんて、人生初の国保と労災ということで、ドキドキの一日でした。

明日は何にドキドキできるのかなあ(^^)/。

| | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

ビビりの日本人は売るのです ~素人投資のお話(7)~

日本株を2銘柄売却しました。
どちらも11月に買ったばかりです。
配当を期待して買ったのですが、その5倍以上の差益が出ました。

今日の報道によると、日経平均はバブル期以後の高値を更新したそうです。
外国人は相変わらず日本株を買い越し。
それなのに日本人は売り越しなんだとか。

私と同じように考える人が多くいるということですね。
つまり
「上がり過ぎだ。
 またバブルの時のように暴落するぞ。
 今のうちに売って利益確定しよう」

ところが、ドル建てだと話が違ってくるそうです。
だから外国人は買い続けているのだとか。
もうしばらくの間、日本株は上がるのでしょう。

いいんです。
もう十分です。
これからはインド株投信とバランス型投信に期待します。

| | コメント (0)

2024年2月 1日 (木)

さすがに月30万は気持ち悪いなあ ~素人投資のお話(6)~

株価上昇はその後も続きました。
私の口座では、月間リターンがなんと約30万円にもなりました。
私程度の保有額では、驚きのリターンです。
パート収入どころか年金(まだもらえません)よりも多いじゃありませんか。

Nitto
(1か月で15%上がった株もありました)

これ、嬉しいと言うより気持ち悪いです。
こんなことが続くわけがありません。
暴落が来るのはそんなに先ではないだろうな、と思います。

「もう」株も投信も全部売って、リターンを確定させた方が良いのかもしれません。
日本の金利上昇も近いと言われていますし。

でもねえ。
アメリカの金利下げは近いとか、
大統領選挙が終わるまではアメリカ株は大丈夫とか言われますし。
手持ち投信の中には、毎月約1万円(毎月ですよ)の配当金をくれるものもありますし。
「まだ」稼げるのではないか、と欲が出てしまいます。

「まだはモウ、モウはまだなり」という有名な格言に悩む毎日です。

| | コメント (2)

2024年1月 7日 (日)

給与所得よりも多いなんて! ~素人投資のお話(5)~

昨年は、日本株の値上がりが話題になりました。 そのためもあってか、証券会社の口座上での私の所得も伸びました。 売買益、配当、利子、為替差益等々です。 なんと、ホームセンターからの給与所得よりも多いではありませんか。 Topix_edited (TOPIXの1年チャートです) もちろん悪くないことなのですが、ちょっと複雑な気分です。 祭日も年末年始も関係なく、曜日を基準に働いてきたんです。 暑い日も寒い日も雨の日も、空調のない外売り場で働いてきたんです。 その見返りが、不労所得よりも少ないんです。 そりゃあね、去年の途中から介護のために週休3日にしましたよ。 そりゃあね、半日しか働いていませんよ。 でもねえ。 なんかおかしいなあ、と思うのです。 「2024年は株式が上がり、その後は厳しい」という見通しをあちこちで読みます。 ですから、今年のような逆転現象?はいつまでも続かないでしょう。 今年から来年にかけて、引き際を間違えると大ケガするかもしれません。 「給与所得以上の損失を出しました」なんてことにもなりかねません。 老人は安全運転で行かなきゃね。

| | コメント (0)

2023年10月10日 (火)

米国債 逃げ切れそうです ~素人投資のお話(4)~

アメリカ国債を持っています。
満期まで約1か月となりました。

高金利にひかれて買ったのですが、なんのなんの。
為替差益の方が高くなってしまいました。
買った時は、1ドル約133円でした。
それが今や、約149円です。
金利と為替で15%のプラスになってしまいそうです。

まあ、株に比べれば驚くような数字ではありません。
そもそも私が持っている金額では、5%でも15%でも大差ありませんし。
それでも、なぜか毎日の為替変動にドキドキしてしまうのでした。

1ドル145円の頃は、こう思っていました。
「こんなレートは11月まで続かないかも」
「満期前だけど、今のうちに売った方が良いのかも」
それが、何ということでしょう。
145円を超えて、今や150円目前です。
満期には、140円台はカタいでしょう。
もう最後まで持ち続けます。
満期になったら、即刻円に替えます。

不遜かもしれませんが、米国債に楽しませていただきました。
今から買う勇気はありませんけどね。

| | コメント (0)

2022年12月28日 (水)

黒田ショックと米国債 ~素人投資のお話(3)~

先日の「利上げ」で急に円高に振れました。
私は、アメリカ国債を買ってみることにしました。

円高ということは、ドル安ということです。
ドル建ての商品を買う好機だと考えました。
アメリカ国債は現在金利が高いです。

もちろん、為替変動は心配です。
一時的にドル安になったとはいえ、昨年のレートから考えるとまだドル高です。
安全策で、短期の国債にしておきました。
様子を見ながら、毎月少しずつ買っていこうかと考えています。
もちろん、将来の更なる円安への備えでもあります。

今の金利と為替レートが続くなら、退職金の半分くらいぶっこむのですが(^^;)。

| | コメント (0)

2022年10月20日 (木)

ドル建てETF売却 ~素人投資のお話(2)~

手持ちのVYM(バンガード 米国高配当株式ETF)の3分の1を売りました。
ドル額面では、大きなマイナスなのですが、円にすると20%プラスなのです。
全く、今の為替レートには驚くばかりです。

VYMを持っていれば、ドルで配当が来るのですが、それは年3%程度です。
今は、配当や利子よりも為替変動の方が大きいのです。

今、ドルの金利は高いです。
外貨預金とか債券とかの金利に目がくらみそうになります。
しかし、いずれドルは安くなります。
しかも、今、円でドルを買うというのは割高な買い物です。
私のような素人は、今はドルを買うべきではないでしょう。
将来ドル安になった時に、金利なんてふっとびます。
今は、ドル建て資産を売るべき時なのだと考えています。
たぶん、ね。

| | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

ドル売却 ~素人投資のお話(1)~

いやあ。
大変なことになってきました。
ひとまず、手持ちのドルを全部円に替えました。

今後気がかりなのは、日本の金利です。
日本の金利が上がったら、住宅ローンの繰り上げ返済をすることになるかもしれません。
今までは「返済よりも運用した方が良い」というスタンスだったのですが。

| | コメント (0)