2024年5月 4日 (土)

理想的行楽日(2)~春の面の木園地~

●駐車場からすぐの絶景
Img_6362_edited

面の木峠からいきなり、雑木林です。
下草は、ほとんどありません。
バイケイソウと小さな花だけです。

Img_6356_edited

道は歩きやすく、標識は充実しています。
標高1100~1200mなので、まだ春が浅いです。

Img_6367_edited

新緑が輝くように美しいです。
人で言うと、中高生のひと時の輝き、でしょうか。

Img_6380_edited

ツツジ類の花は各所で咲いていました。
コバノミツバツツジの最盛期は、さぞや見事でしょう。

Img_6379_edited

面の木峠から天狗棚展望台までの往復なら、日頃登山をしない人でも楽しめると思います。
春と秋は特に良いのではないかと思います。
この日は5月としては異例の暑さだったのですが、終始木洩れ日の中を快適に歩くことができました。

Img_6370_edited

(宮標石がいっぱい)

●バイクも快適
GB350Sで行きました。
往路は153号線を通りました。
渋滞ではありませんが、車列がずっと続いていました。
若いときの私は、こういうのが嫌いでした。
しかし今の私は、GBに乗っていれば、ゆっくり走るのが楽しいのです。

復路は上矢作経由の道を走りました。
こちらは空いています。
ワインディングをヒラヒラと走ることもできます。
ダム湖沿岸を3速で走ると、気分はノートンマンクス!です(^^;)。

そういうわけで、ほとんどの時間が楽しかったのです。
待ち時間とかガマンの時間とかが、なかったのです。
明日は、どうしようかな(^^♪。


| | コメント (0)

2024年4月29日 (月)

藤だけ見て帰るのはもったいないですよ ~御作城跡(城ヶ根山展望台)~

●歩きやすい急勾配!
「ふじの回廊」側から登りました。
急階段が続きます。


Img_6321_edited

ところがこの階段、私には歩きやすい階段でした。
「ヒザを曲げ伸ばししない」
「前足に乗り込んでいく」
この歩き方がやり易いのです。
「下るような感覚で登る」ができる階段でした。
階段の間隔が短いためではないかと思います。

Img_6324_edited

展望台からは展望が楽しめます。
猿投山の展望ポイントとしてベスト5に入る場所かも、と思いました。
冬がベストシーズンなのかもしれません。

Img_6331_edited

残念ながら、城についての解説はほとんどありません。
鎌倉時代末期にすでにあったというのですから、かなり古い山城です。
今や詳しいことが分からないということは、戦国期には使われていなかったのでしょう。
規模が小さすぎたのかもしれません。

Img_6330_edited

●毎日登れるかも
帰りは、天徳寺の方へ下りました。
天徳寺に下りても、「ふじの回廊」までは15分ほど歩けば戻れます。

Img_6335_edited

こちらは、急勾配ではありません。
「普通の低山の登山道」という感じです。
この道なら、毎日登る人がいるかも、と思いました。
登ると展望が良い、というのも嬉しいですよね。
天徳寺から登って下りると、1時間程度でしょうか。

Img_6339_edited
(ふもとから展望台が見えます)

●ふじまつり
今の時期は「ふじまつり」でにぎわいます。
祭日ということもあって、多くの人出がありました。
この調子なら「後継者がいないので終了」ということは当分ないでしょう。
バイクや自転車で行くと、一番近い駐車場まですんなり入れますよ。

Img_6319_edited

でも、ほとんどの人は藤だけを見て帰ります。
眺めが良い展望台とよく整備された道があるのに、もったいないなと思います。
あと1時間かけて、上まで行ってみませんか。

Img_6338_edited

Img_6343_edited

| | コメント (0)

2024年4月22日 (月)

おじいさん、山にはヘルメット持って行ってね ~モンベル・L.W.アルパインヘルメット~

「御岳だけでなく、普通の山でもヘルメットをかぶろう!」
そう決めました。

Img_6302_edited

さすがモンベル、私のようなニーズにぴったりのヘルメットです。
手に持った瞬間「かるっ!」と声が出る抜群の軽さ。
(モンベルはもっと頑丈でもう少し重いヘルメットも作っています)

Img_6304_edited

穴がたくさん開いていて、通気性が良さそうです。
クッションが入っていて、取り外して洗えます。
自転車用ヘルメットと似たつくりです。

Img_6305_edited

そして何よりも「私がかぶって痛くない!」
実は某店で海外製品をひと通り試したのです。
残念ながら、こうでした。
「頭が入らない」
「頭は入るけど痛い」
これはモンベルしかないな、と思って別のショップに行ったら、期待通りだったのでした。

Img_6306_edited
(モンベルの「ヘルメットホルダー」はコンプレッションベルトがあるザックだけで使えます)

私がよく使うデイパックに着けると、こんなサイズ感です。
自転車やバイクと違って、要所だけでかぶるつもりです。
ぶら下げて歩く際に、ジャマになってはいけません。
ぶらぶらしないように、ゴムバンド等を用意すると良いかもしれませんね。

ヘルメットを見ていると、岩場のある山に行きたくなってきます。
これって、本末転倒ですよね(^^;)。

(蛇足)
ウチには、これまでヘルメットがぞろぞろありました。
バイク用に3つ。
自転車用に1つ。
外仕事用に1つ。
職場用に1つ。
ロッククライミング用に1つ。
でも、どれも山歩きには向いていません。
命を守るものなので、購入に踏み切りました。
ああ、これで8個目だ(^^;)。

| | コメント (0)

2024年4月20日 (土)

お前は中級じゃない ~春の納古山~

やさしいお花見ハイキングを期待していました。
ところが。

P1010559_edited
(アカヤシオはほとんど残っていませんでした)

●「中級コース」が怖い
あれれ。
こんな急な登りだったでしょうか。
昔、公開ハイクで登った際には「やさしい山」という印象だったのですが。
もしやあれは「初級コース」だったのでしょうか。
(30年くらい前の話なのでよく覚えていません)

「岩壁」と呼びたいほどの登りがあります。
足を載せるべきポイントに赤ペンキが塗ってあります。
しかしです。
今日私が見た範囲では「中級」とは思えない人が多々いました。
岩壁以前の登りで「きつい」とあえいでいたり。
両手を使うべき難所でストックをしまわなかったり。

更に心配なのは、ここを下ろうとする人たちです。
鎖もロープもないので、下る方が難しいでしょう。
難所には、ルートは一本しかありません。
登る人だけでも渋滞になりやすいのに、下る人まで混じったら、どうなってしまうのでしょう。
さらに、その人たちがストックをしまわずに下ろうとしたら…。

心配し過ぎでしょうか。
先週、70歳代の方がこの山で転落しています。
(命に別状はないそうです)
事故が起きても不思議のないコースなのです。

P1010557_edited

登山道はよく管理されています。
ならば、もうひと手間かけた方が良いのではありませんか。
「中級コース」の入り口に「キツイよ」という看板を立てるとか。
「中級コース」は登り専用にするとか。

●そういう私も
私、少し前にぎっくり腰をやってしまいました。
今回は久々のリハビリ登山でした。
(だから低山の納古山にしたのです)
迷わず「中級コース」→「初級コース」を選びました。
結構、体力的にこたえました。
「今のオレは中級の体力ではないのだな」と痛感しました。
(一応休憩ナシで周回できたのですが)

P1010565_edited

●花はちょっと残念
先週は花がキレイだったそうです。
今日は「その後」という感じでした。
数か所で花を見ることができましたが「一面」ではありません。
やっぱり4月は鈴鹿がいいなと思いました。

Img_6300_edited
(「フルーツ大福」です)

●和菓子に感嘆
帰路に、山岳会の先輩に教えてもらった和菓子を買いに行きました。
美しい和菓子がずらっと並んでいて、驚きました。
この日一番美しい光景は、この店のショーケースだったかもしれません。

●バイクでアプローチ
家から1時間程度の低山なので、GB350Sで行きました。
暖かい時期にGBの音を聞きながら走ると、時速60kmでも満足です。
バイクの良い所は、駐車場の心配が減ることです。
今日は意外に駐車場が空いていて、車でも登山口近くまで行けましたけどね。

若い時は折立までバイクで行って、テントで5泊6日してバイクで帰ってきたものです。
さすがに、もうあんなことはできません(^^;)。

| | コメント (2)

2024年2月12日 (月)

違うジッパーを開けちゃうんですよ ~ジッパータブ~

Img_5893_edited

このデイパックは「4気室」です。
内部が4つの部屋に分かれているのです。
低山ハイクや小旅行には、こういうのが便利です。

Img_5892_edited

ところが、それが災いすることがあります。
(私だけかもしれませんが)間違えて他の気室を開けてしまうんです。
上から見ると3つのファスナーが並んでいますからね。

そこで色違いの「ジッパータブ」を付けることにしました。
購入時は全てのファスナーに黒いタブが付いていました。
これを、メインの気室だけ色を変えることにしました。
ここは一番多く開ける場所なので、そこが目立つようにするのです。

この機会に、他のファスナーのタブも新調しました。
全部でタブ8本になります。
他のファスナーは黒のタブにしました。

Img_5894_edited

今回私が買ったのは100円ショップの品物です。
4本入って100円です。
店には4色ありました。
ウエストバッグやらダッフルバッグやら全部にタブを付けるなら「パラコード」「細引き」が安上がりです。
2ミリ程度の細いものを輪にして引手の穴に通せばOKです。
バッグとは違う色にして楽しむのも良いですね。
(その方が開ける時には便利です)

| | コメント (0)

2024年1月 6日 (土)

乾電池?充電式? ~ヘッドランプの電源問題~

登山の必携品です。
DIYや園芸に使うこともあります。
昔は乾電池式一択でした。
でも、今は違います。

●充電式
「出発時に常にフル充電の状態にしておける」
私にとって、それが最大の魅力です。
ですから、自転車のライトは前後とも充電式を使っています。
今の私は、登山でヘッドランプを使うことがありません。
非常用品として持って行くだけです。
ですから、使いかけの乾電池やヘタった乾電池で山に行くのは不安です。
充電式なら安心です。

不安もあります。
「遭難して、翌日充電が切れた」という場面です。
(心配し過ぎかも)
まあ、モバイルバッテリーを持って行けば済むのかな。
でも、それでいつ充電するのか、ちょっと悩んでしまいます。
スマホの充電のことも考えないといけませんからね。

●乾電池式
「予備電池を持って行ける」
私にとって、それが一番の安心材料です。
使いかけの電池でも、切れたら電池交換すれば済みます。
予備電池の重さは、モバイルバッテリーの重さと似たようなものでしょう。
しかし、使った電池がゴミになるのは好ましくありません。

●ところがですね
上記二種のいいとこ取りをしたような機種もあるんです。
「乾電池も充電池も使えます」というタイプです。
このたびこの機種を買いました。

Img_5781_edited

出発前に充電池と予備充電池をフル充電しておけばいいのです。
これで、上記の問題は全部解決します。
ただ、私が買った「ジェントス」は品物の耐久性に一抹の不安があります。
私が以前買ったものは電池フタが壊れました。
ネット上には故障報告が多数上がっています。
まあ、安価ですからねえ。
今度は、壊れないでね。
(だったら登山用ブランドを買えよ)

| | コメント (0)

2024年1月 3日 (水)

あいつ、イス持って登山に行くんだってよ ~軽量折り畳みイス~

山で地面に座るのが苦痛になってきました。
トシなんですね、きっと。
アマゾンで探したら、これが見つかりました。

Img_5768_edited

●軽い
510gしかありません。
ペットボトル茶と同じです。

Img_5764_edited

●コンパクト
収納時の長さは32cmしかありません。
これならザックに入れようという気になります。
(一緒に写っている保温ボトルは500mLです)
収納袋と座面が一体になっているのも嬉しいです。

●低すぎない座面高
33cmあります。
最低これくらいないと、座っているのが辛くなります。
(個人差があると思いますが)
30cmだと、私は耐えられません。

●高価でない
1500円くらいでした。

ウチの店でも、折り畳みイスを何種類も売っています。
しかし、上記の4条件を満たすものは一つもありません。
私のような客は多くないのでしょうか。

Img_5765_edited

広げると、こうなっています。

Img_5766_edited

フレームを出すと、こんな感じです。
私のダンロップテントのポールと似ています。
登山気分が盛り上がります(^^;)。

Img_5767_edited

組み立てると、こうなります。
ここに座面を差し込めば完成です。
よくある小型折り畳みイスと比べると、ちょっとだけ組み立てに時間がかかります。
まあ、慣れれば1分くらいでしょう。
フレームが分割式なので「座面が高いのに折り畳むとコンパクト」というのが素晴らしいです。

今年はこのイスを持って山に登り、山頂でゆっくりすることにしましょうかね。
(今までは、しばしば立ったまま昼食をとっていたのです)

| | コメント (0)

2023年12月 2日 (土)

天狗さまに会いに ~折平山~

寒かった。
でも天狗さまは、立ち続けていた。

P1010508_edited
(猿投山方面を向いています)

●天狗さま
前回は、天狗像を見ずに帰ってしまった。
今回は、3体の天狗像を拝むことが主目的だ。
山たまごさんの山行記を握りしめて歩くことにした。

しかし、どうにも寒い。
おまけに、山に来るたびに体力の衰えを痛感する。
3体のうち、烏天狗さまを発見できなかったのだが、ねばって探す気力がなかった。
ああ情けない。

P1010515_edited
(よくこんな場所に設置したものだと驚きます)

●天狗岩展望台
この展望台は、ふもとの道からも見える。
おそらく初日の出を見るのにとても向いている。

P1010502_edited

東側が広く遠くまで見渡せて、屋根まで付いているからだ。
三国山展望台と並んで、藤岡で最高レベルの展望台と言って良いと思う。

●アプローチ
今回は、ママたまごさん前の道から入った。
意外なことに、車の入れる道が奥まで続いていた。

P1010486_edited

この車止めまで車で入るのが、天狗岩の最短コースだろう。
次回は寒くない日に存分に烏天狗さまを探してみたい。

P1010530_edited
(この林道を進みます)

P1010528_edited
(コアジサイ、好きなのですがほとんど売られていません)

P1010525_edited
(低木は常緑樹、高木は落葉樹という道が続きます)

P1010522_edited
(折平山は宮標石の山でもあります)

P1010511_edited
(断層の山なので東面は険しいです。お気をつけて)

| | コメント (0)

2023年11月26日 (日)

瀬戸市・海上の森で黄葉浴

P1010444_edited

いい色になってきた。
四ツ沢から篠田池へ歩く。

P1010473_edited

今や道は広くしっかりしている。
標識も完備されている。

P1010451_edited

篠田池の風景は、昔のままだった。
愛知万博の初期の計画通り、この上にパビリオンが建てられていたら、今ごろどうなっていただろうか。

P1010434_edited

かつて「大正池」と呼ばれた「海上砂防池」は今の時期水が抜かれている。
しかし、水面が高くなれば昔のような景色になるのだろう。
立ち枯れした木々は、あと何年見られるのだろうか。

P1010479_edited

国道248号バイパスから見ると、今の季節の海上の森は実に美しい。
しかし森の中に入ってみると、コナラがあまりにも高い。
切って更新していかないと、いつまでも今の状態ではいられないだろう。
低木もあまり手が入れられていない。
万博後に整備されたのは、道だけという状態だ。

P1010484_edited

18年前に期待したほど、森の整備は進んでいない。
安心するのは、早すぎたようだ。
また、ちょくちょくここへ通ってみようと思う。

P1010436_edited

P1010476_edited

愛知万博前の山行記
愛知万博瀬戸会場
万博後の山行記

| | コメント (0)

2023年11月 4日 (土)

鈴鹿は私を幸せにしてくれる ~雨乞岳・武平峠ルート~

「ああ、これぞ鈴鹿だ。」
何度も、そう思いました。
とても幸せな1日でした。

P1010378_edited

●景観
落葉樹林と谷間の雰囲気にしびれます。
鈴鹿ではありふれた景観ですが、他の山域だとちょっと違うと感じます。

P1010380_edited

東雨乞岳への登りからは、笹をかきわけて登ることになります。
これも、鈴鹿ではあちこちで見られる景観です。
昔の御池岳と違って背丈よりは低いので、そんなに怖くはありません。

P1010382_edited

●展望
私にしては珍しく、よく晴れてくれました。
360度、どこを見ても鈴鹿の山です。
ひと際目をひくのは、イブネとクラシです。
今度こそ、と改めて思いました。

P1010401_edited

●黄葉と紅葉
武平峠~七人山のコルの間は、黄葉/紅葉の見ごろでした。
登りではあまり写真を撮らず、下りで撮りました。
逆光もしくは日陰になるので、葉の色がぐっとキレイに見えます。
しかも、下りの方が視線がより遠くまで届きます。

P1010406_edited

意識的にノロノロと下りました。
「帰りたくない」と思っていたのです。
(子どもみたいでしょ)
何枚も何枚も、同じような写真を撮ってしまいました。

P1010409_edited

●人生の紅葉について考える
木々の葉は半分ほど落ちたでしょうか。
これ、人生で言うと定年後くらいじゃないでしょうか。
残った葉は、最後に美しい色を見せています。
じゃあ、定年後の私はこんなに美しく色づいているでしょうか。
どちらも、もうじき終わりを迎えるのです。

P1010411_edited

そんなことを考えながら紅葉を見ていると、余計に心に響くのでした。

●備考
駐車場を心配していました。
紅葉シーズンの3連休とあって、御在所は大賑わいでした。
駐車場はもちろんどこも満車です。
路上駐車の車が延々と続いていました。
しかし雨乞岳はそれほどでもなく、滋賀側の駐車場に停めることができました。
(あくまで今日の朝8時での話ですよ)
こりゃあ、この時期に御在所に来るならバイクかな…。

P1010416_edited

(御在所岳郡界尾根ルートへ行く貴方のことですよ)


| | コメント (0)

より以前の記事一覧